SSブログ

スーパームーン [音楽]

GWの後半は、毎日大荒れの天気でしたが、今日もその例外ではなく、夕方から雷を伴った暴風雨にとなりました。
この5日と6日、ニュースではスーパームーンとのことで、通常の満月よりも明るいお月様が見られるそうです。

今夜は“スーパームーン”…大きくて明るい
NASAの報道によると、5月5日ごろに「スーパームーン」が見られるとのこと。スーパームーンとは、通常の満月より大きく明るい満月のこと。NASAによるとこの5月の満月は、2012年の他の満月より14%大きく、30%明るいそうだ。

楽しみにしていたのですが、5月5日は白河にいて、雷雨に雹までも降る大荒れの天気。
今日も夕方から雷を伴う暴風雨でしたから、半ば諦めていたのですが、ありがたいことに日没とともに空がきれいに晴れ、十六夜の月を見ることが出来ました。
tuki0506.jpg
ひどい写真ですが、私の住居の屋上からコンパクトデジカメで撮ったものですので、どうぞご容赦下さい。
こういう現象が起きるのは、月の軌道が楕円形であるためだそうで、最も地球に接近するときに満月になるとスーパームーンとなるとのこと。
それが、5〜7日の間なのだそうです。
明日の夜もまずまずの天気となりそうですから、もしもまだご覧になっておられないのであれが、是非ともとお勧めする次第です。

今日は日曜日。
連休が続くと曜日の感覚が薄れますが、放映されるテレビ番組などで確認する方も結構おられるのではないでしょうか。
私もその傾向があって、例えばNHKの大河ドラマなどは格好の題材なのです。
その大河ドラマ、今年は「平清盛」で、私は毎回大変楽しく観ています。
何といっても、白河院の時代から保元の乱までのいきさつや当時の内裏の内部抗争などを丁寧に描いているところがお気に入り。
鳥羽院の三上博史、崇徳上皇の井浦新、後白河天皇の松田翔太の演技もなかなかのものですし、あの藤原頼長を演ずる山本耕史も絶品ですね!
これからいよいよ保元の乱に突入。どんなふうに描かれるのか、今からワクワクしています。
この大河ドラマの音楽を担当している吉松隆氏の仕事も、期待通り素晴らしいものだと思います。
彼はシベリウスの「タピオラ」や第6番交響曲に大きな刺激を受けたといい、作曲家の道を歩き始めた頃に、類型化した現代音楽の行き方に反旗を翻したことで、いわゆる「作曲賞」の類いの受賞歴は極端に少ないそうです。
しかし、テープ音楽から邦楽、ジャズやロックにまで、その表現の範囲を広げたことで、非常に豊かな響きを作り出すことの出来るアーティストに成長したのではないかと、私は思います。
この平清盛でも、オーケストラやピアノはもちろん、ボコーダーやボーカロイドまで使っていますし、邦楽を基調にした音楽も実に有効に利用しています。
ただちょっと音楽を書き過ぎかな、とも思いますが、これは大河ドラマというものの性質上、やむを得ないところもあるのでしょう。

彼が音楽を担当した「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」は、一転して実にリリカルで美しい曲を付けています。
これもまた素晴らしい仕事ではないかと思います。

大河ドラマ「平清盛」は、視聴率が低いと新聞種にもなっているそうですが、変に視聴率を稼ぐための薄っぺらなものにならないようにと、私としては願うばかりです。
nice!(18)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 18

コメント 14

hirochiki

コンデジでもこんなに美しく撮影できるものなのなのですね。
昨晩はすっかり疲れが出てしまい、月を見上げる間もなく就寝してしまいました。
今夜は、私も是非夜空を見上げてみたいと思います。
平清盛は、視聴率について色々と言われていますが
それに惑わされることなく頑張って続けていただきたいと願っています。
by hirochiki (2012-05-07 06:19) 

Cecilia

お恥ずかしながらスーパームーンを知りませんでした。
昨日夜出かけた際に次女と月が大きいとかまん丸だと言う話しをしていたのですが、なるほどそうだったのかと納得しました。
「平清盛」、一度も見てないのですが吉松隆さんの音楽なのですね。見てみたくなりました。その時代の大河ドラマと言えば私には「草燃える」が懐かしいです。
by Cecilia (2012-05-07 08:30) 

tochimochi

スーパームーンですか、今日は天気も良さそうなので見れるかもしれませんね。期待してみます。
ここ数年大河ドラマは欠かさず見ていましたが、平清盛は低視聴率の風評に乗ったわけではありませんが見ていません。歴史探訪のためにも、やはり見てみようと思います。
by tochimochi (2012-05-07 08:38) 

伊閣蝶

hirochikiさん、こんにちは。
今日はGW空けということでご多忙を極めておいででしょう。
お疲れさまです。
昨日もお疲れとのことで、豪華なメニューを拝見し、たいしたものだなと感嘆しきりです。
今夜もスーパームーンはみられると思いますので、是非ともご覧下さい。
大河ドラマ「平清盛」、頑張って初志を貫徹して欲しいところです。
by 伊閣蝶 (2012-05-07 11:59) 

伊閣蝶

Ceciliaさん、こんにちは。
私も、これまで何となく月の大きさや光り方に違いがあるのかな、などと思っていたので、スーパームーンのことを今回知って、納得しました。
「草燃える」、1979年の放送でしたね。Ceciliaさんはまだお小さかったのではないですか。よほど深い印象をお持ちなのだなと感慨深く思います。
あのときの音楽は湯浅譲二氏でしたね、あの音楽も印象に残っています。

by 伊閣蝶 (2012-05-07 12:08) 

伊閣蝶

tochimochiさん、こんにちは。
スーパームーン、そう思ってみると格別に大きく輝いて見えます。
今夜もどうやらお天気は大丈夫そうですので、是非ともご覧下さい。
「平清盛」は、やはり定番である戦国時代や幕末ものから比較するとどうも印象があまり芳しくないのかもしれませんが、保元の乱を扱っているという点で、私は貴重なドラマだと思っています。
これからまさにその場面ですので、楽しみです。よろしければご覧下さい。
by 伊閣蝶 (2012-05-07 12:11) 

Cecilia

「草燃える」の時は中1でした。前の年の「黄金の日々」が今まで見た大河ドラマの中で最も気に入っていますが(大河ドラマというものを見たのも初めて。)、見るようになったのが秋以降、つまり終盤でした。最初から見れなかったことがとても残念でしたので「草燃える」は欠かさず見ていました。

by Cecilia (2012-05-07 12:33) 

般若坊

今夜もスーパームーンですね。今夜は見ますよ。昨夜は見損なったですから・・・ ^^
by 般若坊 (2012-05-07 13:02) 

夏炉冬扇

今晩は。
月、見なかったなぁ…
今朝は新聞休刊なのを忘れて取りに出てしまいました。
by 夏炉冬扇 (2012-05-07 17:40) 

伊閣蝶

Ceciliaさん、こんばんは。
再コメント、ありがとうございました。
そうですか、「草燃える」の時は中学一年生でいらしたのですね。
『黄金の日日」も良いドラマでした。市川染五郎(現、九代目松本幸四郎)が若々しくて非常に印象に残っています。
商人を主人公にしたというところもなかなかの慧眼でしたね。
by 伊閣蝶 (2012-05-07 17:59) 

伊閣蝶

般若坊さん、こんばんは。
今夜もスーパームーンです。
是非ともご覧下さい!
by 伊閣蝶 (2012-05-07 18:00) 

伊閣蝶

夏炉冬扇さん、こんばんは。
今日は新聞休刊日でしたか。
私は、もうだいぶ長いこと新聞を取っていないので、そうしたことには大変疎くなりました。

by 伊閣蝶 (2012-05-07 18:01) 

のら人

鳳凰から降りてきて、車内で一杯やっている時にラジオから「スーパームーン」である事知り、そこからは月見酒でした。 ^^
デジカメで何度か撮りましたが、全然だめでした。上手く撮れません。^^;
私も、新聞は20年以上とってません。 たまに、駅で買いますが。(苦笑)
by のら人 (2012-05-08 20:13) 

伊閣蝶

のら人さん、こんばんは。
鳳凰からのお帰りのあと、月見酒となりましたか。
これはまた格別でしたことでしょう。
月の写真を普通のデジカメで撮るのはかなり難しく、私も成功したことがありません。
昔のカメラで、三脚とレリーズを使って開放で撮った時はそれなりでしたが。
ところで、のら人さんも新聞はとっておられないとのこと。
私も、必要なおりに駅などで買っています(^^;
by 伊閣蝶 (2012-05-08 22:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0