SSブログ

ヴァントのブルックナー4番 [音楽]

クリスマスを機に、グンと冷え込みました。
晴天なので、お日様の光を受けていると暖かさを感ずるのですが、風が吹いてくると身が縮むような寒さです。
冬らしいといえばその通りで、これが当たり前なのではありますが、小春日和に甘やかされてきた私としては、おお!っという感じですね。

またまた、ということで性懲りもないことですが、今度は、ヴァント&BPOによるブルックナーの4番(ロマンティック)を取り上げました。

4番は、ブルックナー自身が付けた(確証はないようですが)とされる「Romantische」という副題があり、それゆえに「ロマンティック」という名称で呼ばれています。
この副題の効果と、各楽章に込められた物語性もあって、ブルックナーの音楽の中では第7番と並んで、特に親しまれている存在です。
華やかで様々な要素を盛り込んでいる割には、演奏時間がそれほど長大ではないことも、ポピュラーとなっている大きな要素であろうと思われます。

ただ、ブルックナーの交響曲の有する巨大さや神秘・深遠な響きに心を引かれている人たちからすれば、やはり少々物足りなさを感ずるところもあり、私もそんな印象を持ち続けていました。

しかし、ヴァントがベルリン・フィルを振ったこのライブ演奏を聴き(正確に言えば、SACDで録音された音を聴き)、この曲の持つ魅力を改めて発見したような気持ちになっています。

9番の時には、なんとなくブルックナーの響きからは遠いのではないか、と身の程知らずにも不埒千万なことを書いてしまった私ですが、この曲では正に相性ぴたり!です。

第1楽章冒頭のpppの絃の刻みのなんという存在感。その上で朗々と主題を奏でるホルンの美しさ、見事に自然なクレッシェンド、そしてクライマックスでの金管の咆哮!
この出だしだけで、もう心がわしづかみです。後は目くるめく展開される至福の響きに身を任せるのみ、そんな充実した気持ちにさせられました。

第2楽章ではテンポがフレーズごとに動く優美な響きを見せるかと思うと、スケルツォは陰影をくっきりと際立たせ、そしてフィナーレへとなだれ込む。
この曲のフィナーレがこれほど構えが大きく壮大なものであったことを改めて知りました。

緻密なアンサンブルがヴァントの要求に的確に応え、何といっても圧倒的に輝くばかりの金管が曲全体のコントラストをくっきりと描き出しています。
さすがにベルリン・フィル!と、それこそ満腔の喝采を送ってしまいました。

少なくとも、私が聴いた中ではベストの4番です。
ミュンヘン・フィルとの演奏も素晴らしいものであったと聞きますので、こんどは是非ともこちらも聴いてみて、比べてみたい気持にさせられました。
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 9

コメント 4

hirochiki

クリスマス以降、ずっと寒い日が続いていますね。
今年も、あとわずかです。
風邪など引かれませんよう、お身体に気をつけてお過ごしください。
素晴らしい音楽を聞きながら、心豊かにお正月を迎えたいものです♪
by hirochiki (2010-12-27 06:19) 

伊閣蝶

hirochikiさん、こんにちは。
本当に寒くなりましたね。
2010年もあと残すところ五日間。早いものです。
hirochikiさんには、いつも温かなコメントを頂戴し、このブログを始めて本当によかったと感激しております。
年内は冷え込みが厳しそうですので、どうぞ、風邪などを引かれませんよう、くれぐれもお気を付け下さい。
ありがとうございました。

by 伊閣蝶 (2010-12-27 12:08) 

aka

私は神秘的な壮大な感じの、ちょっと物悲しく切ないような曲が好きです。どうしても暗い感じの曲に惹かれてしまします。
なんでなんでしょうね。

ヴァントのブルックナー4番、視聴しましたが、もうちょっと聞かせてくれ~!!と思いました。途中までしか入ってないですもんね…。でも、私は結構好きな曲調でした☆ホルンの音がとってもいいですよね♪
by aka (2010-12-27 20:24) 

伊閣蝶

akaさん、こんばんは。
ヴァントのブルックナー4番、試聴されたのですね!
とっても嬉しくてお礼を申し上げます(*^_^*)
ありがとうございました。

ということで、私もどんなものなのか試聴してみました。
実は、私、ネットでこうして試聴することがなかったので初体験だったのです。
で、その感想ですが、いやあ、これは残念すぎますね。
akaさんが仰る通り、もうちょっと聞かせてくれ!です。
確かに、わずか30秒の中でどこを選ぶかは大変だとは思いますが、これではフラストレーションが溜まりまくりです。
フィナーレなんて、どうしてここを選ぶわけ?と思っちゃいました。
そんな状況でしたが、第1楽章のホルンのソロが入っていて、その点は良かったと思います。
ホルンの音、いいでしょ?!

ブルックナーの曲、もしかするとakaさんの「神秘的な壮大な感じの、ちょっと物悲しく切ないような」というお好みにぴったりかもしれませんよ(*^o^*)

by 伊閣蝶 (2010-12-28 00:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0